忙しくてストレスが溜まっている人に大切な考え方と過ごす方法

2021年9月5日

普段の生活の中で休みの日が確保できたら、あなたはどのように予定を入れますか?

 

自分の時間に”空白”のスペースを作ることは仕事や日常生活から受けるストレスから遠ざけることができます。

 

深い疲労回復と幸福感を得るための科学的なスキルの紹介をします。

 

幸福度については時間の余裕のなさやネガティブさ、疲労と密接に関係します。人工知能の登場で人間自身の作業を代わりにこなしてくれる時代になってきています。

 

その分で空いた時間をどのように過ごすのかで幸せになれるかどうかが決まってくるでしょう。有効な時間の使い方はどのようにするべきか…

 

お金より時間を大切にする方が幸せになる

時間を十分に持つことと人間の幸せには関連があることがわかっています。

 

ペンシルベニア大学のモジルナーは、大学のカフェに来る学生たちを対象に研究を行いました。カフェに入る前に、その学生が時間とお金どちらを重視するかを調査します。その後学生たちはカフェの中で自由にします。カフェを出る時、彼らの幸福度を測定すると幸せだわ時間を大事にする学生の方が高いことが判明しました。これはカフェで他人と交流した事と関連があることが判明しました。

 

しかも、実験結果より、時間を大事にする人は人との交流を望み、これが人間にとっての幸せにつながるとこともわかりました。

 

すあん和知、お金より時間を大事にする人の方が幸福度が高いことが示されたのです。

 

ぜひお金が重要と考えている人も、お金は「手段」であり「目的」ではないことを再確認した方が良さそうです。

 

何もしない時間を確保する

人工知能の発達により、人間には多くの時間を与えてくれる仕組みが成り立っています。

 

例えば、洗濯機や洗浄機、自動掃除機などがそれに当てはまるでしょう。

 

そこで生まれは「空白」の時間をどのように使うかを多くの人が考えがちです。

 

しかし、空いた時間を使うのではなく、「何もしない」という贅沢な時間の使い方をしてみることもいいかもしれません。

 

人工知能や自動運転等によって、生み出された人間にとって余分な時間は本来何をしても良い時間のことです。その時間を人生を楽しむために使う事は当然何も悪いことではありません。

 

現在の忙しい社会に慣れてしまっている私たちにとって余分な時間を何か埋める作業ではなく、時間のゆとりを十分に作りその余った時間を自分の空白スペースとして確保してみることをとても有効になってきます。

 

幸せには期限があることに気づく

少なからずの人が幸せが長続きしないと思う人がいると思います。休暇の終わりや日曜日の夜にはそういったことに気づくのではないでしょうか。その幸せをより長く感じるにはどうしたら良いのか考えていきましょう。

 

人間は誰しも新たな環境に適応していくようなります。それは「幸せ」にも当てはまります。つまり、幸せは残念ながら長続きしにくい性質を持っているということになります。

 

この性質は気分をいつも中心線に維持するための大事なバランス機能となっています。体を正常に保つためのメカニズムが私たちの体には備わっており、幸せの気持ちの高揚においても通常の状態に戻るようにできています。

 

その理由が沈み過ぎても幸せな興奮状態にありすぎてもダメな生き物が人間だからです。では、幸せを長く感じ続けるにはどのようにするべきか。

繰り返し幸せな気持ちを味わう

幸福感を長続きさせるコツは、幸せな瞬間を何度も味わうことです。

 

それは楽しかったこと思い出すだけでも、効果があります。

  • 楽しかった思い出を人に話す
  • 喜びを体で表現する
  • 撮った写真などを見返す

こういった行動だけでも、自然にポジティブな感情が湧き上がるオススメの行動です。

 

こういった行為によって、幸せを二度三度味わう行為が幸せを2倍3倍と長続きさせることができます。楽しかった思い出を思い出す作業は人を幸せに幸せな気分にさせる効果があります。

 

しかし、ここで注意しなければいけないことがネガティブな感情も繰り返すことで長続きしてしまうということです。

 

過去の後悔も考え続けることで負のループのハマってしまいます。繰り返し行う行為には、自分自身のポジティブな感情の時だけにしておきましょう。

 

森林浴をしてみる

「森林浴」は今やストレス対策の代表的な方法の一つになってきています。

森林浴が体に及ぼす効果

  • 血圧が下がり副交感神経が優位になる
  • ストレスを緩和してくれ、リラックス効果がある
  • ネガティブな感情を減らす働き

また、身近なところに森林浴をできるような場所がない人でも自然に触れるだけでもストレス対策に有効であり、自然の多い公園に訪れてみたり家の中に観葉植物を置いてみるのも有効です。

 

こういった簡単にできることがリラックス効果を高め、精神的な安定を与えてくれます。

  • この記事を書いた人

ANZU

ブログで毎日コツコツ積み上げ|ITスキルとライフハックをアウトプット|プログラミングも独学中|より良い学びと習慣のノウハウを発信| 詳細はブログに掲載していきます。

-健康・FOOD
-, ,