周りと差をつけるには何が必要か?普通の人はするべき効率的な学び方

2021年3月31日

「天才」に勝つにはどんな方法があるでしょう?

 

勉強、仕事、スポーツどんの分野でも「天才」と言われる人が存在して、その分野で素晴らしい成績を残しています。

 

そんな「天才」に普通の凡人が勝つには、「学ぶ」しかありません。学ぶと言っても、学校のような机に向き合うようなものではなく、具体的に行動し、実践に移すといったものです。

 

学びを止めると成長止まる

「学ぶ」ことの重要性についてはいうまでもありません。しかし、どのまですればいいのか?という意見も出てくるかと思います。答えは「ずっと学び続けること」です。

 

なぜこのような、答えが出てくるのかというと、月日が変わるにつれて、世の中でも求められるものや必要となるのものは変化していきます。しかも、昔に比べてその変化はさらに激しく変化する時代になってきました。そのため、いくら過去に勉強した人でも、過去の栄光にあぐらをかいていては、世の中の流れに置いて行かれてしまいます。

小学生より勉強していない大人

日々「勉強」と言われる、自己投資に取り組んでいる人はどのくらいいるのか。日本人は大人になってからの勉強量が先進国の中でワースト1と言われています。その原因となっているのが「別に勉強しなくても生きていけるから」という意見があげられます。

 

そういった「明日の業務には影響しない」という考え方が勉強へのモチベーションの低下し成長を妨げています。長期的な視点に切り替えて、周りとの差をつけるために「周りの人がしないからこそ、自分はやる」という考えで、日々モチベーション高く取り組むことが大切になってきます。

 

「アウトプット」するための「インプット」を意識にする

では、具体的にどのように勉強をしたらいいのか。様々な分野の勉強においても活用可能な勉強方法について、解説していきます。

普段、どんな考え方で物事を学んでいるかによって、学習の効率はかなりの差が出てきます。人によっては情報収集のやり方や情報の定着率が大きく異なっているには理由があります。

「アウトプット」しないと勉強したつもりで終わってしまう

あなたはどんな情報収集をしていますか?

読書をしてインプットする、セミナーに参加して経験談から学ぶ他にも様々な方法があると思います。しかし重要なポイントは「インプットした情報をどのようなアウトプットの形にできるか」ということです。

 

スポーツに例えてみると簡単な話です。毎日3時間以上練習に取り組んで、反復練習の繰り返し、技術の向上をしているのに、大会には出場しない。練習試合や大会を経験し結果によって、自分に足りないものや取り組んできた成果に対する自信にも繋がります、成長を感じることができます。

 

この話を聞くと納得できるかと思いますが、勉強においてはかなりの人がアウトプットをしない傾向にあり、インプットして満足してしまう人が圧倒的に多いです。自分がなぜ「インプット」しているのかを理解し、「アウトプット」につなげるようにしましょう。

 

学習内容を要約する

オススメの学習方法は自分が学んだものを「要約」し、アウトプットしてみることです。要約のいいところは、自分が学んだ分野を正確に要約できるかによって、自分自身がその分野をしっかり理解できているかが分かることです。

 

もちろん、学習した分野の全体を捉え、どの要素が重要か、その分野の成り立ち方はどのようになっているか、など頭の中で整理できていないと説明はできません。そのため、要約できないということはまで自分自身が理解しきれていないと分かるので、インプットの量を増やしてみるなどの改善ができます。

 

また、記憶の定着率のただのインプットに比べると圧倒的にあげるので、要約する勉強法はぜひ取り組んでみてください。

 

オススメ要約アウトプット

  • 1ページにまとめてみる
  • マインドマップなどで構造を作ってみる
  • 誰かに説明してみる

特に3つの「誰かに教えるつもり」で要約するのには特に効果が現れると思います。

 

教えるつもり勉強法


誰かに教えるつもりで要約(勉強)するのに最強なものが「小学生に教えるつもり勉強法」です。なぜ、小学生なのか。小学生に教えるつもり勉強法のメリットでは、なるべく簡単な言葉を使って、自分が学んだものを説明しないといけません。その時には、原理を理解し、しっかり要点を抑え、説明しないといけません。その過程において、自分の記憶定着に大きく手助けになってくれる仕組みです。さらに詳しく解析します。

原理原則を理解できる

勉強するにあたり、その分野の全体の流れや構造、仕組みを正しく捉え、小学生でも思い浮かぶような疑問に簡単な言葉で説明できる。言葉にしてみると、案外簡単そうに思えますが、いざ実践してみるとなかなか苦労します。

学習の「要点」が理解できる

例えば、数学にはいろんな公式が存在します。三角形の底辺と高さをかけて、2で割ると面積が求めることができるかと思います。ここで、まだこの学習分野を学んでいない小学生にとっては、「なぜ、この公式で三角形の面積が分かるのか」という疑問が生まれ、これに対してその仕組みを説明することで、小学生にも理解させることができます。

こんなイメージで、まだその分野のことを知らない人に対して説明し、疑問を投げかけられた時に簡単な言葉で解説できることは、学習者自身が理解していないとできないことです。学習する時にも「小学生に教えるつもり勉強法」を意識してみると今までと違った学習の取り組み方になると思います。

学んだことが定着しやすくなる

以上の勉強法を行うことによって、自分自身の学習した分野の整理整頓がいつの間にかできていて、要点を理解し、いろんな学習要素の構造的に理解しているため、圧倒的に記憶に残る状態になっています。

一見、「そんなことしていては時間がいくらあっても足りない」と思ってしまいそうですが、慣れればかなり効率的に勉強ができるので、結果的に成果に繋がりやすくなってきます。簡単に取り入れたいのであれば、その日、勉強した内容などを家族など親しい人に話してみるのもオススメの手法です。ぜひ取り入れてみてはいかがでしょう。

  • この記事を書いた人

ANZU

ブログで毎日コツコツ積み上げ|ITスキルとライフハックをアウトプット|プログラミングも独学中|より良い学びと習慣のノウハウを発信| 詳細はブログに掲載していきます。

-STUDY
-, ,