効果的にアウトプットできる読書の方法を紹介

 

「人生の自己肯定感は読書によってコントロール可能である」。また、「読書によって得た私自身の最大の成功体験は自己肯定感の回復である」と述べられています。

 

また、読書に対しては「スペースずつでも大丈夫」「全部読まなくても大丈夫」「全て覚えなくても大丈夫」何より大切なのは自分のペースだと本書の冒頭で強調して言われております。(プロローグ「読書は最大の贈り物」より)

 

OUTPUT読書術』読書によって人生は自己肯定感を高め人生を好転させることができる。

 

本書では書評YouTuber「アバタロー」氏がINPUTだけではない読書術を紹介されています。本の選び方から読み方、OUTPUTの仕方までのプロセスを可視化し、すぐに取り入れられるノウハウやテクニックを紹介して入れている1冊になっております。

 

本書は読書に慣れていない人やどんな子味に困っているかを徹底的に考えられ本の選び方や読み方アウトプットの仕方まで読書に関するプロセスを事細かに丁寧に説明された本です。

 

ぜひ参考にして読書が苦手が苦手だった人も参考にし読書好きになってみましょう。

 

読書は食事である

様々な人が読書についていろんなイメージがあると思います。勉強っぽい、ネットのほうが早いし読書は非効率、読んでいるとすぐに飽きてしまい退屈。このような読書に対して抵抗がある人に対し、著者は読書は食事に近い行為として紹介されています。

 

食べ物には栄養や食感、味などがありそれを吸収し消化する。これと同様に本も同様の紹介をされています。読書が整理され読みやすいものや難し過ぎて頭に入らないもの、すぐに役立つものに一生役に立たないものこのようなさまざまなものがあります。

 

本を読む読者の心得として押さえておく3つのポイントを本書では紹介されています。

  • 栄養価の高い良質な食材
  • 手に入れた食材(本)の美味しくいただける調理方法
  • 食材に含まれる栄養に関する知識を効率よく吸収させる工夫について

 

以上のテクニックを知らないと読書はただ面倒で非効率な作業になってしまうということになります。

 

いかに効率的に吸収し、なおかつ効果的に自己成長を流すかどうかで読書に対する考え方を大きく変わると言うわけです。著者は読書を読むことの意味と目的を正しく捉える事が重要だとおっしゃっています。

読書の基本を認識する

アウトプット読書術では、読書を効率的にアウトプットし新しい自分を作り出すシステムを学びについて紹介されています。一連の手順に沿って流れるようにやれば、誰でも行ってくるようになるとのことです。OUTPUT読書の基本骨格は以下の通りで行えます。

 

アウトプット読書術の骨格

  1. 準備
  2. 読解
  3. 要約
  4. 発信

準備とは、読書に入るにあたり環境を整えたり集中力を高める行為の準備を行います。

 

読解では、書籍に自分の仕事の足跡を残したり、全体構造を理解する行為。

 

要約では、自分の足後を辿り書籍を構造化する行為であり、またわかりやすく編集しまとめる作業も行います。

 

最後は発信、発信先をどのようなものに設定するかを決定し、出力する行為や行動するについて取り上げられています。

失敗しない選手の方法

本書の後半では、「これでは読んで良かった」と思えるような書籍の選び方について紹介されています。誰でも簡単に参考にできるような方法ですので参考にしてみてください。選書の方法については2つ紹介されています。

シンプルな選書方法として

  • 投資家的選書
  • 直感的選書

ここでは「投資家的選書」について、紹介します。投資家的選書とは、自分が読みたいジャンルの書籍をポートフォリオを組みながら読書を行うというものです。

 

ポートフォリオを組み選ぶことで同じジャンルの書籍であっても知識の偏りや自分に適したものを見つけることができるとのことです。

先駆者の代表作を選ぶ

自分が読むべきそのテーマの第一人者の代表作を確実に組み込むようにする。信頼性が高く時間が経っても価値が下がりにくい。

 

わかりやすい本

どんなに素晴らしいことが書いてあっても、自分が理解できなおかつ実践できないと意味がありません。

 

そのテーマについてあなたが直感的にわかりやすいと感じた作品を購入し、ラインナップに組み込むことをお勧めされています。

ベストセラー本

最も売れていると言う実績がその方の信頼性を担保するものではありませんが、売れているからにはそれなりの理由があるからです。

 

自分にとって大切なテーマに関わるベストセラー作品であるなら何かしら知識や学びが得られる傾向がある。

古典的名作

新しいことを学び上で大切な事は、その分野における原理原則を学ぶことです。そのため王道的なアプローチは古典的名作から追求することが可能でしょう。

 

最新作

情報は常に更新されます。そのため、自分が解決したいものに関する最新の調査も必要に応じて学ぶ必要があります。

 

しかし、書籍はネットに比べるとはるかに遅いメディアであるため、その情報の新規性に対する疑いの目を常に持ち付き合うべきでしょう。

 

今回は「OUTPUT読書術」について、読書に関する方法や考え方について紹介しました。少しでも参考になれば幸いです。

  • この記事を書いた人

ANZU

ブログで毎日コツコツ積み上げ|ITスキルとライフハックをアウトプット|プログラミングも独学中|より良い学びと習慣のノウハウを発信| 詳細はブログに掲載していきます。

-BOOKS
-, ,