隙間時間を有効に使うためのおすすめの活用方法

2021年10月4日

あれ?今日は時間があったはずなのに、いつの間にか1日が終わってしまっている…

 

こんな経験したことのある人も多いかと思います。それに対して、時間の使い方が上手い人は同じ時間がある場合でも有効的な時間の使い方ができており、充実感を味わっていることも事実…

 

時間の使い方で後悔しないためには「隙間時間」を攻略する必要があります。そのため、今回は時間を有効的に使い、後悔しない隙間時間の設定方法について紹介していきます。

ほとんどの人が同じ行動速度

初めに、大事なことを認識しておいてもらいましょう。多くに人は、仕事ができる人は処理速度が速く、行動力も優れていると思いがちです。

 

しかし、それは稀なケースであり、大抵の場合はほとんど処理速度に違いはないことが分かっています。

 

では、仕事ができる人は普通の人とどのような違いがあるのか。それは、「時間の使い方が上手い」ということがポイントです。

いつの時間がうまく使えておらず、能力を発揮できていない人に当てはまる特徴として、時間の使い方に後悔していることがわかっています。

 

  • あぁ、今日も何もせずにダラダラ過ごしてしまった…
  • 携帯を触っているだけで二時間も時間を浪費…

 

こういった感じの時間に対する後悔がある人は負のループに陥っています。それに対し、仕事ができる人は常に自分に対して充実感と満足感を持ち合わせて過ごしています。

 

要するに、「後悔しない時間の使い方」ができれば時間の使い方も上手くなり、充実した毎日を過ごすことができるようになります。

 

隙間時間の行動をパターン化しておく

時間を有効に使えている時には共通して、「時間がゆっくり進む」いわばあせる要素が少ない状況から生まれます。そのため、自分で焦らない状況を回避することで、有効的に時間を活用できます。

 

その具体的な方法として、「隙間時間」ができた時に、どのように活用するかをあらかじめ決めておくことがポイントになってきます。今回は5分、10分、30分の隙間時間ができたときにオススメの行動を紹介します。

隙間時間ができた時に、ダラダラ携帯を触ったり、なんとなく過ごさないようにしておくのがポイントとなります。

 

これからの予定や今後のチェックする(5分)

5分の隙間時間ができることは1日の中でも数多くあると思います。そんな時におすすめが、「将来の予定をチェックする」ことです。

 

人間は過去の成果や実績を振り返ることで、現在の満足度たかまります。それに対し、未来の目標や予定を立てることで、モチベーションが高まることがわかっています。

 

これを有効活用することで、常にモチベーションが高い状態を保ち、事前の予定を把握しておくことで頭がスッキリしたクリアな状態で過ごすことができます。

 

具体例

  • 直近の予定を確認する。
  • 将来の目標を見直す。集中力とモチベーションを高く保つためにも、自分の予定は把握しておきましょう。

リラックスできる動物や自然の動画を観る(10分)

10分程度の時間が空いた時には、かわいい動物や自然で心が落ち着く動画を観てみましょう。癒しの動物や自然の動画には、リラックス効果があります。また、ストレスの軽減することにも繋がります。

 

また、ストレス発散効果であれば、お笑い系の動画を観ることも効果があるも知られています。それに加えて、集中力の回復させてくれることからもおすすめです。

 

自然の中を散歩する(30分)

30分程度の時間ができた時には、自然の多い場所、森や小川が流れる場所などを散歩してみてはどうでしょう?自然には強烈な癒し効果を人間に与えてくれます。

 

都会に住んでいる人には、なかなか自然かもしれrませんが、少しでも木々がある公園や水が流れている小川などでも十分な自然の効果を受けることができるので、有効活用してみましょう。

 

自然に触れることでメンタルを安定させてくれて、ストレスを和らげてくれることでしょう。

 

クリエイティブなことに挑戦してみる(30分)

絵を描いたり、小説を書いたり、編み物をしてみたり。最近流行りの動画を作ってみるなどクリエイティブな活動に当てはまります。

 

クリエイティブな活動には、発想力が必要とされることは言うまでもありません。この能力は未知の問題に対して、解決することが求められます。

 

日常的な問題に対しても、クリエイティブなことを日常生活にも取り入れることで、通常では解決できない問題の解決策を発想力を生かして、解決することにつながります。

 

読書をする(30分)

30分程度の時間がある場合には、読書をしてみるのもいいでしょう。誰にも邪魔されずに30分程度の読書は、ストレスの7割が解消してくれると言われています。

 

そう考えると、読書することで新たな知識の習得をができ、ストレスも減らしてくれる効果を私たちに与えてくれるので試してみる価値はありそうです。また、隙間時間を読書でフル活用する場合は時間で場合分けすることもおすすめです。

 

時間で読書のやり方も変えてみるのも…

  • 5分:読みたい本の目次を見る
  • 10分:次に読みたい本を探してみる
  • 30分:読書する

 

瞑想(30分)

1日に30分〜40分程度の瞑想を行うことで、効果がメンタルにいい影響の効果が出やすいと言われます。

 

5分から10分でも可能ですが、もっと効果をみ出したいのであれば、30分を程度行うことでさまざまな効果があることも明らかになっています。

 

軽い運動やジョギング(30分)

30分程度あれば、軽い運動をすることが効果的でしょう。

 

また、運動は継続的に行えば行うほど良いので、隙間時間と言わず習慣に取り入れるのがおすすめです。毎日の朝の30分を軽い運動の時間を組み込むことで、人生の質が変わること間違いありません。

  • 軽いジョギンや散歩
  • HIITトレーニング
  • 階段の登り下り

 

激しい運動をおこなう必要ないので、仕事の休憩時間なんかにも可能でしょう。社内や自宅でも簡単に取り入られるので、場所を選ばす自分に合う運動を隙間時間に。

 

まとめ

今回は「隙間時間」の有効な使い方について紹介させてもらいました。

ダラダラする行動を抑制し、後悔しない時間の使い方で、価値のある時間に変えていきましょう!

 

  • この記事を書いた人

ANZU

ブログで毎日コツコツ積み上げ|ITスキルとライフハックをアウトプット|プログラミングも独学中|より良い学びと習慣のノウハウを発信| 詳細はブログに掲載していきます。

-LIFE
-, ,