なぜ読書をする必要があるのか、読書の重要性について

2021年10月19日

あなたは普段どれくらい読書をしますか?

「読書」があなたの人生にとってプラスに働くと言う事はなんとなくは理解できると思います。

 

しかし、具体的に「どういったメリットがあるのか」、また、読書習慣のない人はどのように習慣化できるのかを解説していきます。

 

食事をするように読書する

読書にはどんなイメージを持っていますか?今回は読書を食事に例えて考えていきましょう。食べ物にはいろいろな「栄養素」や「食感」「味」などがあります。また、食べ物を選ぶ時は、栄養価の高いものや自分の好みの食べ物を選び、好きな食べ物の「知識」にも興味を向けるかと思います。

 

読書も同様に良質の本の選び、読んでみたい本を手にとって、興味のある分野を学びます。こう言った行動から、読書によって自己成長につながっていきます。

 

人間は食事をとらない生きてはいけませんが、本を読まなくても生きていけます。なぜ人間は本を読むのかその理由は大きく分けて3つあります。

  • パフォーマンスを向上させるため
  • リスクを最小化させるため
  • 長い人生を充実させるため

 

パフォーマンスを向上させるため

質の良いビジネス書を読むことで、その分野の専門家が長い時間をかけて培ってきた知識やノウハウを学ぶことができます。書籍は、ネットの情報とは違って厳しい編集チェックを受けているから信頼性が高く勉強するには最適のツールです。

 

また、自分が学んだことが目に見える成果にすることで自信にもつながります。その自信は高い成果を生み出す種となり、人生全体の「活力」を与えてくれるでしょう。

 

人生のリスクを最小化させるため

人生には健康や仕事、お金など様々なリスクがあります。その中には、知識があることで回避できものもたくさんあります。

 

歴史や哲学には多くの失敗と挫折を味わってきた人たちの経験と知識を詰まっており、そう言った本から、心が折れそうになった時に再び立ち上がるための力を与えてくれる知識を読書から学べます。

 

すなわち読書とは人生のリスクに立ち向かうための「免疫」を作ってくれる

 

長い人生を充実させるため

 

いろんなジャンルの本を読み、そこから学んだ知識や磨かれた感性は人生を豊かにしてくれます。読書は何歳になっても人生を楽しみを与え、先人たちの知識を吸収し、多くの概念を獲得することができます。

 

読書はいわば、私たちの人生に「栄養」を与えてくれるものです。

 

人生100年時代の私たちには「人生のパフォーマンス向上」「リスクの予防」生きていく中でどれだけ「充実したものにできるか」を頭に考えて、人生をメンテナンスし続けていく必要があります。その土台となるものが読書です。

 

 

  • この記事を書いた人

ANZU

ブログで毎日コツコツ積み上げ|ITスキルとライフハックをアウトプット|プログラミングも独学中|より良い学びと習慣のノウハウを発信| 詳細はブログに掲載していきます。

-LIFE
-, ,