【Googleドキュメント】 チェックボックス(レ点)の 作成方法について

2022年7月26日

 

Googleドキュメントでチェックボックスを作成する方法はどうするの??

 

今回の記事はこんな疑問を解決していきます。

 

GoogleWorkspaceの便利なアプリのうちの一つGoogleドキュメント。共有機能が柔軟に行えて、タスク管理などがとても管理しやすいツールです。

 

タスク管理で、完了したものを記載するために「チェックボックス」を作成したい人向けに、今回は紹介できたらと思います。

 

本記事の内容

Googleドキュメントのチェックボックスの作成方法

 

自己紹介

 

チェックボックスの作成手順

 

結論から言うと、Googleドキュメントにはチェックボックスそのものの機能はありません。

 

しかし、箇条書きでタスクを作成しつつ、項目にチェックをつけつことができるので、その方法を紹介できたらと思います。

 

Google ドキュメント以外の「Google スプレッドシート」「Google スライド」では、チェックボックス機能が搭載されていますので、お好きな方法で作成してみてください。

 

step
1
タスクを作成する

Googleドキュメントを立ち上げて、チェクボックスとして表示させたいものを入力していきます。

 

 

step
2
チェックボックスの作成

テキストの選択をし、以下のイメージの通りチェック項目の作成を選択しましょう。

 

 

step
3
作成完了

以上の作業にて、チェックボックスの作成が完了できます。

 

あとは、項目にクリックすることで、チェックが入りタスク管理が分かりやすいものにできます。

 

 

 

チェックボックスの編集方法

 

チェックボックスが作成できたら、編集方法も解説しておきます。

 

作成した、チェックボックスの上で右クリックすると、箇条書きの種類の変更を行えます

 

元の箇条書きなどに戻したい場合には、こちらの操作から変更しましょう。

 

まとめ:Googleドキュメントのチェックボックスは箇条書きの応用で活用しよう

イラスト

 

以上、Google ドキュメントにおけるチェックボックスの作成方法でした。

 

今回は「箇条書き」機能を活用することで、チェックボックスが作成できました。

 

ドキュメントを共有しつつ、チェックボックスでチームのタスクを管理する際にかなり便利なので、ぜひ覚えておいてください。

 

参考GooglwWorkspaceの参考資料はこちら

 

 

  • この記事を書いた人

ANZU

ブログで毎日コツコツ積み上げ|ITスキルとライフハックをアウトプット|プログラミングも独学中|より良い学びと習慣のノウハウを発信| 詳細はブログに掲載していきます。

-Google
-