【オススメ】Googleアドセンスに12記事で一発合格!そのポイントは?

2021年9月20日

 

Googleアドセンスの審査を受けようと思っているけど、ブログ初心者でも、審査に合格するコツを教えてほしい!

 

今回はそんなブログ初心者の方向きの記事になっています!

今回はGoogleアドセンスを通ったこのブログに沿って、審査の合格のコツと落ちた時の対処方法について解説していきます。

 

ブログ初心者の人にとっては、収益化を目指すとき、最もハードルが低いのが「Googleアドセンス」です。広告を貼り付ける設定をするだけで、自動的に読者のニーズに合わせた広告配信してくれます。

 

正直なところ、毎回広告を選ぶ必要がなく、商品が購入されなくても報酬が入るため、様々なジャンルのブログにも適用できるのがメリットがあります。収益ままでのハードルもかなり低いので、結果が出やすく、ブログを続ける上でもかなりモチベーションアップにつながります!

 

Googleアドセンスの審査とは?

Googleアドセンスには、審査が存在します。その理由としては、広告主が安心して掲載できるサイト運営者を選別するためにあります。そのため、ブログの運営者も年々増加知る中で、Googleアドセンスの審査は厳しくなっていると言われています。

 

しかし、しっかり広告主の視点を考えることができれば審査に通ることは、そこまで難しくありません。Goolgeからもしっかりアドセンスの利用条件を提示されています。簡単にポイントを言えば、

  • 独自性のあるコンテンツ
  • 読者にとって有益な情報が書かれている
  • 他にはない魅力がある

簡単に言えば、読者の悩みを解決できるようなコンテンツになっているかどうかが重要なポイントになってくると思います。また、サイト全体のレイアウトを整えて、情報が伝わりやすいものに仕上げているかも大切でしょう!

次からは、実際にアドセンスの審査に合格した準備方法をご紹介していきます!

 

審査に向けて必要な準備は?

 

Googleアドセンスの審査に申し込む際には、必ずサイトを登録する必要があります。その際「無料ブログ」では、アドセンスに新規申請をすることは基本的にはできません。

 

そのため、独自ドメインを取得している必要があります。ブログを作成していない方は、独自ドメインでブログを作っておきましょう。独自ドメインを取得でき、広告の掲載位置も自由高くセットできる「WordPressブログ」がいいでしょう。

 

簡単にブログの始め方は以下の通りです。

  1. サーバー契約
  2. ドメイン取得
  3. WordPressインストール

 

WordPressのテーマを利用することもオススメしています!このブログ「ルーティンラボ」でもAFFINGERを使用しています。カスタマイズの方法は覚える必要がありますが、慣れればかなり本格的なデザインのホームページが作れますのでおすすめですよ!

 

審査に通りやすい7つのブログの特徴

現実問題、Googleアドセンスの審査が通らず悩んでいる人も多く存在しています。その理由が、明確な審査基準が公表されていないためです。

 

そのため、必ず合格するというルールはわからないのですが、この「ルーティンラボ」が審査を通過した時に作成したポイントを紹介します。

 

独自ドメインを使う

審査に向けての準備でも取り上げたように、独自ドメインの利用は必ず行うようにしておきましょう。また、独自ドメインを使用すること、自分好みの文字列を使え、自分だけのドメインが使えます。

 

逆に、共有ドメインは複数の人で使い、「無料ブログ」や「レンタルサーバー」より与えられる共有ドメインのことです。

共有ドメイン例:「アメブロ」や「はてなブログ」など

 

共有ドメインではGoogleアドセンスの審査に通りずらいという噂が…

他にも、や「無料版のはてなブログ」の場合には、最初から広告が貼り付けられています。それに加えて、アドセンス広告も載せると、宣伝だらけの見にくいサイトになりいいブログとは言えないでしょう…

 

ポリシー違反をしない

Googleアドセンスは守らなければいけないポリシーが存在します。それが守られていないサイトでは審査に合格することはできず、それに加えて審査後にポリシーが守られていないものであれば、アカウントが無効になってしまう事もあります。

 

自分の知識や経験、日常の内容であればそこまで問題にはなりませんが、特殊な投稿はポリシー違反の対象となるケースもあります。自分の記事は問題ないか確認しておくことが無難でしょう。

 

ポリシー違反の対象事項

  • 人種差別や誹謗中傷の記事
  • 脅迫や精神的な危害を奨励したコンテンツ
  • 暴力的な言葉を扱う
  • ハッキングなど不正行為を助長する内容
  • アダルトコンテンツ
  • 他からコピーされたコンテンツ
  • ギャンブルを促す内容

記事を書く上でのルールでもありますので、違反しないように常に心がけておきましょう。

 

プライバシーポリシーを入れる

サイト運営するにあたり、「プライバシーポリシー」の設置を行いましょう。これに関しては、アドセンスの審査を通すためだけでなく、個人情報の取り扱いに関しても重要な取り決めです。

 

プライバシポリシーに関しましては、ルーティンラボの「プライバシポリシー」を参考にしていただいて問題ありません。実際にアドセンス審査に合格したままのものになっています

 

他にも。ワードプレスの有料テーマであれば、あらかじめテンプレートで用意してくれている場合もありますので、確認してみてください。

 

運営者情報を載せる

ブログを運用しているのが誰なのか、運営者の情報をしっかりと明記しておきましょう。誰がどのような情報を発信しているのかもGoogleは重視しています。たま、本人の情報を載せることで運用するにあたり責任の発生するため、信憑性のない情報発信の抑制にも繋がることも関わっているからです。

 

運営者情報には、下記の情報を記載しましょう。

ポイント

  • 運営者名
  • お問合せ先

作業自体はそこまで時間のかからないことですが、サイト運営には大切な要素です。

 

主に利用可能な連絡先は以下の通り

  • Googleフォーム
  • メール
  • SNS

連絡を取れるツールの用意を整えておきましょう。

質の高い記事を書く

自分が投稿した記事が質の低いコンテンツとみなされた場合には、いくら記事を投稿したとしてもアドセンス審査には通ることはできません。また、仮に審査に通ったとしても質の悪い記事では検索上位になることができずに、アクセスが伸びず結果的にも意味がなくなってくるでしょう。

 

文字数が多ければいいというわけではありませんが、1つの記事が500字程度の記事ではなかなか厳しいと思います。

 

もちろん、大切なことは読者にとって有益な情報を提供できているかどうかですが、合格している人の声からは最低でも1,500〜2,000字程度のコンテンツを投稿しているようです。

 

ちなみに、私がアドセンスの審査に通った時は平均して2,000字前後の記事が多かったので参考にしてみてください。

一定数のコンテンツを用意する

アドセンスの審査には、具体的に必要な記事数は提示されておりません。そのため、必要記事数はある程度投稿することで、ブログを評価してもらう必要があります。なぜかというと、いくらいい記事を書いたとはいえ1記事だけ投稿しただけではそのブログを評価することが難しいからです。

 

合格した人の声からは、「5記事でも合格したっ!」という声もあります。しかし、実際はなかなか厳しいのが現実だと考えています。

 

私が実際に合格した時は20記事程度で審査に申し込みし、一発合格しました。なので、試すとしたら10記事程度投稿したところで、一度審査に申し込んでみるといいと思います!審査には時間がかかる場合もありますので、コツコツと記事を投稿しましょう。

アフィリエイトリンクを貼らない

他に登録している「アフリエイトリンク」に関しては貼らない方がいいと言われています。私が申請するときも全てのアフリエイトリンクを無くした状態で申請しました。

 

理由としてはシンプルで、他社の広告が設置されている状態はGoogleからするとよく思われないからだと思います。関係ないという声もあるのですが、ここではシンプルな記事のまま申請するのが無難でしょう!

 

もし、他社の高校を使用したい場合には、審査に合格してからであれば問題ないため、審査が通るまでは我慢することがおすすめです。

 

アドセンス審査にやってはいけない禁止事項

 

アドセンスの申請、審査の合格後での掲載する際の気をつけるべきポイントを紹介しておきます。審査に合格した人も、NGとなる行為が存在しますので特に注意しておきましょう!

 

Googleアドセンスでポリシー違反とっされているコンテンツの掲載

これに関しては「審査のポイント」にて掲載した「ポリシー違反」に関してです。自分が掲載しているコンテンツがそれに当てはまっていないか、確認しておきましょう!

 

Googleアドセンスの貼り方が規約に違反している

これに関しては、審査に合格後の注意事項です。

 

注意ポイント

  • Google 広告をクリックするように促す行為
  • 誤クリックを促す誘導
  • 不自然•不必要な広告アピール
  • 読者への報酬を提供する行為
  • 自動的に更新されるような広告ページ

 

アドセンス審査に落ちたときの対処法3つ

 

Googleアドセンスに申請にてみたものの、審査が通らなかった方はぜひ参考にしてみてください。以下の確認事項を修正するだけで審査に通りやすくなるかと思います!

 

その①:コンテンツに問題がないかチェックする

ブログ全体のコンテンツに問題がないかチェックしてみましょう!以下のポイントを参考にしてみてください。

ポイント

  • 記事数が10記事も満たしていない
  • 記事の平均の文字数が1,000文字以下になっている
  • 他社サイトのアフィリエイトリンクが貼ってある
  • 著作権に違反する画像の使用
  • 読者ターゲットが無い記事が多数存在している

審査に関するポリシーも「Google AdSense のヘルプ コミュニティ」でも確認できます。一度目を通しておくのもいいでしょう。

その②:Googleアドセンスの規約違反していないかチェックする

Googleアドセンスで禁止されているコンテンツを使用している場合には、審査に通ることは厳しくなってくるでしょう。合格するためにも以下の項目が使用されていないことをしっかり確認し、規約違反がないようにしておきましょう。

ポイント

  • 誹謗中傷など暴力的なコンテンツ
  • アダルトコンテンツを含むコンテンツ
  • 知的財産権に携わるコンテンツ

その③:運営者情報・お問い合わせフォーム・プライバシーポリシーを設置する

意外な落とし穴として、サイト運営に関する重要な箇所が抜けている場合にも審査に落ちてしまうこともあります。以下の項目をしっかり押さえておくことで、合格しやすくなり読者に対しても安心できるようなサイトにもなりますので、ぜひ確認ください。

 

ポイント

  • サイト運営者情報の掲載
  • お問い合わせフォームの作成
  • プライバシーポリシーの掲示

しっかりと用意しておきましょう!

まとめ:Googleアドセンス審査前の10のチェックリスト

 

最後にこのブログ「ルーティンラボ」がGoogleアドセンスに合格したときのブログのポイントを紹介しておきます!

 

ぜひ、参考にしてくださいね!
  • 自分が疑問に思ったことの解決策の記事を作成
  • 記事のテーマはある程度絞っておく
  • 記事数が20記事程度
  • 1記事あたりの平均の文字数は2,000文字前後
  • 規約違反のコンテンツは無し
  • サイトデザインを結構頑張っていた
  • アフィリエイトリンクは無し
  • サイト運営者情報を設置
  • お問い合わせフォームを設置
  • プライバシーポリシーを設置

このような感じで審査に合格しましたので、参考に!

 

今回はGoogleアドセンス合格のコツについてでした。審査の最中や通っていない方は参考にしてみてください!

 

  • この記事を書いた人

ANZU

ブログで毎日コツコツ積み上げ|ITスキルとライフハックをアウトプット|プログラミングも独学中|より良い学びと習慣のノウハウを発信| 詳細はブログに掲載していきます。

-Googleアドセンス
-, ,