WordPressの「ブロックはエラーの影響を受けており…」のエラーの改善方法

2021年8月13日

 

今回は、「WordPressを5.8」にアップデートした後に、「外観」⇒「ウィジェット」を開くと、

 

ブロックはエラーの影響を受けており、正しく機能しない可能性があります。詳細は開発ツールを確認してください。というエラーが表示されてしまう。

 

そういった問題についての原因と改善方法についても紹介します。

 

問題のエラー状態

WordPress管理画面にて、の「外観」⇒「ウィジェット」を開くと、以下の画像のように真っ赤なエラーが大量に表示されます。

こういったエラー画面は、「WordPressを5.8」のアップデート後に出てくることが分かっています。

 

⬇︎ エラー画面 ⬇︎

 

原因について

では、なぜこのようなエラーが起きてしまうのか。

 

理由は、「WordPress 5.8」よりウィジェットの管理方法が「ブロックエディター」に変更が加えられていることが原因と考えられます。

 

そのため、現在使用されているテーマの種類によっては、この変更に対して対応していない場合があるから今回のようなエラー画面が表示されたわけです。

参考URL:News – WordPress 5.8 Tatum – WordPress.org より
https://wordpress.org/news/2021/07/tatum/

改善方法

今回のエラーに対する改善方法です。

 

プラグインより、Classic Widgets」をインストールして「ウィジェット」の管理画面のエラーを修正していきます。

 

1.「プラグイン」⇒「新規追加」をクリックし、「Classic Widgets」で検索してください。

 

 

2.「Classic Widgets」のインストールを行ってください。

 

3.「Classic Widgets」のインストール後は「有効化」を行ってください。

 

以上の作業で、エラーの改善が行えます。

修正結果

 

「外観」⇒「ウィジェット」を開いて確認を行ってください。エラーが消えて従来のウィジェットの管理画面が表示されました。

 

「Classic Widgets」は少なくとも2022年、または必要な期間サポートとメンテナンスがされる予定です。

 

ウィジェット管理画面でエラーが出た場合は、現在利用しているテーマが「ウィジェットのブロックエディター化」に対応するまで「Classic Widgets」をインストールしてエラーの改善対策を行いましょう。

 

以上で、ウィジェット管理画面における「ブロックはエラー」に関するトラブルシーティングでした。

 

  • この記事を書いた人

ANZU

ブログで毎日コツコツ積み上げ|ITスキルとライフハックをアウトプット|プログラミングも独学中|より良い学びと習慣のノウハウを発信| 詳細はブログに掲載していきます。

-WordPress
-, ,