文章力を向上させるためのおすすめトレーニングとは

2021年7月27日

”文章力”と言えば、社会人にとっては必要不可欠なスキルです。

 

しかし、文章の書き方は学生の時に習う小論文だけでなく、社会人になると様々な用途で文章を書くスキルが求められます。

 

社会人に求められる文章力

  • メールなどの連絡
  • 説明や報告書などの社内文書
  • スライド作成の説明
  • ブログなどの情報発信

今回の文章力を高める方法はすごくシンプルです。

 

今日から実践できる内容ですのでぜひ参考にしてみてください。

 

文章力を高めることで稼げるようになる

文章力はもはや現代人にとっては必要不可欠なスキルです。

このスキルは、自分の考えや説明、相手に情報を伝える能力であり、繰り返し取り組むことで上達することができます。

 

文章を書くことができると、仕事だけでなく自分でブログを書いてみたりすることも可能です。

 

文章を書くことを職業にするようなウェブライターなどの仕事も存在するように、文書で稼ぎ、食べていけるようにすることにもつながります。

 

文章を書くことを直接仕事にする必要はなくとも、文章力を高めることによって、様々な分野で活用できます。

 

社会人であれば、プレゼン資料やメールの作成など。

 

人に自分の気持ちを伝えることのできるスキルはどの分野でも使えるでしょう。

 

上達方法のポイント

  • インプットを増やすこと
  • アウトプットを繰り返す

以上2点です。

 

とてもシンプルですが、頭で理解していても大半の人が行動することがで来ていないです。

 

その方法と具体的な解説していきます。

 

インプットの量を増やす

すごくシンプルな方法です。できるだけ、たくさんの本に触れる、たくさん本を読むと言うことです。

 

世の中には様々な文章があります。

  • ホームページやブログ
  • 書籍
  • メール、広告等

他にも、様々なものに文章が使われています。

 

しかし、インプットの質を高めるのに、最適と言えるのがやはり、書籍や小説です。

 

インプットには書籍が良い理由

結局のところ、デジタルなどで掲載されている、ブログやホームページ等は誰にでも読まれやすいように工夫されています。

 

デジタルコンテンツの特徴

  • 誰の目にも止まりやすい
  • 興味を駆り立てるように直感的なフレーズで構成
  • 読みやすいように文章が短い

 

こうしたところから、多くても3000文字〜5000文字程度で構成されるため、インプットを目的にするには頼りないのが実際のところです。

 

それに比べて、小説の場合は50,000文字〜100,000文字程度のボリュームが平均的であり、良質な文章にも触れることができます。

特にオススメしたいのは、有名作品や有名著者が出している小説です。

 

オススメの理由

  • 文章の構成が美しく構成されている
  • 内容が面白いので、飽きない
  • 全体の文章の成り立ちを学べる

 

質の高い文章に触れることによって、自分自身の文章力も鍛えることができます。

 

読書が苦手な人の対策

本を読むことが苦手な原因も様々なケースがあります。

 

例えば、「最後まで本が読めない」や「すぐに読むのをやめてしまう」こういう人も多くいると思います。

 

しかし、読む側に原因があるのではなく、その書籍自体がつまらない可能性もあります。

 

むしろ、すべての書籍が面白いと言うこと自体が間違いなので、認識を変えておいた方がいいでしょう。

 

書籍選びの大切なポイント

  • 自分自身が興味をそそられるような本を見つける
  • たくさんの書籍にふれ、自分の興味が駆り立てられるのもにたくさん出会う
  • つまらないと感じた場合には、次の書籍に対象を変える

読書に慣れてない人は、ページ数が少ないものからでも結構です。読書に慣れることからスタートしてみましょう。

 

アウトプットを繰り返し行う

ある程度インプットが行えたら、それで満足せずに「アウトプット」することを習慣にしておきましょう。

 

インプットするだけでは、知識を理解するだけで、実用できなものにできるところまでには至りません。

 

文章力を高める順番

  1. 書籍から良質な文章に触れる
  2. 文章のインプットを行う
  3. 取り込んだ知識をアウトプットする対象を見つける
  4. 実際に文章を作成し、自分なりのアウトプットを繰り返す

アウトプットの方法についてもめちゃめちゃシンプルです。

 

ひとまずたくさんの文章書いてみましょう

 

文章力を上げるためにはたくさん本を読まないといけない、たくさん勉強しないといけないと思う所が多く存在します。しかし、そういう人はインプットの量に対して、アウトプットの量が少ないのでいつまで経っても文章力が磨かれません。

 

インプットとアウトプットのバランスに注意してみましょう。

 

インプットとアウトプットの比率

アウトプット6〜7割、インプットが3割程度がオススメです。

 

勉強やスポーツ、どの分野においてもインプットのしすぎ、インプットだけでは上達が見込めないのは言うまでもありません。文章もそれと同様に、ある程度インプットしたら、あとは必ずアウトプットすることを心がけ、繰り返し行うことで上達していきます。

 

初めから上手に文章を作ろうとせず、ひとまずアウトプットを繰り返す中で、修正をしていく事で改善することができます。

 

まとめ

文章力を高めたいなら…

  • インプットとアウトプットの量を増やす
  • 書籍、特に有名作品や著者の作品に触れる
  • インプットは3割程度行う
  • アウトプット7割程度にし、アウトプットの回数を増やす

以上、文章力を向上させるコツについてでした。今日からすぐに実践できるものなのでぜひ参考にしてください。

  • この記事を書いた人

ANZU

ブログで毎日コツコツ積み上げ|ITスキルとライフハックをアウトプット|プログラミングも独学中|より良い学びと習慣のノウハウを発信| 詳細はブログに掲載していきます。

-SKILL
-, ,