ブログで読みやすい文章にするための書き方のコツ

2021年6月20日

今回のテーマは「読みやすい文章の書き方」についてのポイントを紹介します。

 

  • ブログを始めてみたものの、文章がうまく書けない、、、
  • 自分の書いた文章を見直してみると見にくくて、どうやって改善したらいいのかわからない、、、

 

こういった問題に対して、解決策を紹介していきます。少し心がけるだけでも、明日から実践できる内容になっています。

 

世の中には、様々なジャンルのブログやホームページがあります。しかし、その中でも読みやすく読者にとって最後まで飽きることなく読んでもらえる記事はそんなに多くないと思います。

 

そんな問題を回避し、見やすい記事を書く方法について学んでみましょう。

 

300本以上の記事を書いてみる

ひとまず、300本ほどの記事を書くことに挑戦してみましょう。その理由は、ブログを始めた人が最初にぶつかる壁として挙げられることが、

 

文章を書くことに慣れていない

 

ということです。

 

その解決策は、前述したようにひとまずは大量に文章を書いてみて、数をこなしてみることがいいでしょう。ブログは、国語の授業のような「作文」を書くのと「ブログ」で記事を書くのでは書き方が全く違うということに気づきましょう。

 

ブログの書き方に慣れる

そのため、大量にブログで書くことによって、特有の書き方などに何度も触れ、慣れていくことが1番の近道と言えます。

 

基本的にブログで稼げたりしたいので、目安としては「300本」以上とよく言われます。

 

毎日、1記事を投稿することでおよそ1年。簡単な近道はなく、根気よく取り組むことがおオススメです。

 

結論を最初に書く

文章を書くコツは、最初に自分の言いたいことを相手に伝えたい結論を最初に書くと言うことです。

 

文章には形があります。そのポイントを抑えるだけで相手にも一番重要なことが的確に伝わり、話全体がまとまって感じさせることができます。

 

文章の基本的な構成

  • 初めに主張する
  • 理由を述べる
  • 具体例が説明する

 

これが基本的な文章の基本構造になります。これを守ることでブログの記事の全体的な構成がわかりやすく伝わりやすい文章が書けることになります。

それでは、簡単な具体例を元に紹介してみます。

 

主張

SNSやニュースでは、ネガティブな情報をシャットアウトしましょう。

 

このような、自身で主張したいこと、結論を初めに述べていき、自分が相手に伝えたいことを初めに文頭に持ってきましょう。

 

理由

  • ネガティブな情報を受け取ってしまうことで気づかないうちにストレスを感じてしまう
  • 時間の浪費をしてしまう

このように、理由などは端的に箇条書きなどで述べるのもいいでしょう。

 

具体例

1日5分でも年間で30時間以上無駄になることがわかりますこのような

 

主張、理由、具体例を述べることで文章を先決にまとめることができ相手に伝え伝わりやすい文章が書けることにつながります。

 

以上の3セットで書くように心がけましょう。

 

箇条書きをよく使う

箇条書きを使うことで、無駄を省き必要なことを的確に伝えることができます。

 

今日連絡させていただいた内容は、全体にスケジュールの進行具合と今後の日程調整についてです。また、今後の予定については電話で伺った通りの内容で進めるか改めてメールにて返事していただけたら幸いです。こちらのメンバーは田中、佐藤、高橋の3名で会議を行い、作業内容を確認していきたいと存じます。

 

本日の連絡内容

  • 全体のスケジュールの進行具合
  • 今後の日程調整

また、今後の予定はメールにて確認のほどお願いします。

会議メンバーは、

  • 田中
  • 佐藤
  • 高橋

以上の3名で、作業内容の確認をしたいと存じます

どちらが伝わりやすいか解りやすい日は一目瞭然です。

 

 相手にとっても理解しやすい

 

というポイントを意識しましょう。そうすることで、伝え方が変わってきます。箇条書きは的確に無駄をなくして相手に伝える手法の1つとして覚えておきましょう。

 

漢字は連続させない

相手にとって読みやすい文章を書くコツとして、漢字を連続させないことも重要なポイントです.

 

簡単に例えば,

  • 一瞬迷う
  • 少し迷う

このように、同じ言葉でもぱっと見でどちらがわかりやすいかと言うと、

 

漢字と漢字の間にひらがなが入り混じった、バランスのとれた文章の方が見やすい

 

読者の立場からすると、一目瞭然でしょう。

 

これは長文になればなるほど効果を発揮し、ブログでも同じようにかた苦しいブログを書いてしまうと読者は読むのを諦めてしまいます。

 

読者にとって優しく読みやすい文章書くかというところがポイントになってきます。ひらがなと漢字を織り交ぜていくと言うところがと言う工夫が大事になってきます。

 

一度、自分の文章を読み返して漢字とひらがなのバランスがしっかり取れているか確認してみましょう。

 

改行や装飾は多めに使う

ブログを書く上でとても重要なポイントとなってくるのが、

  • 見やすく改行する
  • 装飾を多めに使う

 

味気ない文章になってしまうと相手にとっても読む気がなくなってしまいます。

 

程よく改行されたや色の強弱をつけられていることで、とても読みやすく心を惹きつけるような見た目に変えることができます。

 

自分がブログをブログやホームページで文章を読む時を考えてみる

ブログなどで、文章を読んでいて途中で読むのをやめてしまう時とはどういう時か?

  1. シンプルに文書がつまらない時。

  2. 読者にとって読みづらい文章になっている。

  3. 読んでいて疲れるような文章で、白黒の文字だけが続いているような文章

 

1番目に場合には、頑張って文章自体の内容を面白くするしかありません。

 

しかし、2、3番目に関しては、改善する必要があります。

 

具体的な改善策

このような問題に対処するには

  • 太字を使ってみる
  • 文字の大きさを変える
  • 背景の色を変えてみる

などの改善を図り、読者にとって読みやすい文章に変えていきましょう。

 

文章の中にメリハリをつけることで見やすく、飽きない文章を作ることができます

 

自分の文章を全体的に通して見て、心惹きつけられるような文章になっているか考えてみるのも、文章を上達する上で、大切なポイントと言えるでしょう。

 

適度に画像を使う

これはブログを作成している人からすると言うまでもないことかもしれません。

 

全体的にブログの中で画像が使われているものとを使われていないものを比べてみると、ほどよく画像が使われているものが読みやすく全体的にバランスのとれた良いブログとなります。

 

要するに、

 

”シンプルに見やすい”ことにつながります。

 

適度に画像を追加していくことを心がけることが大事なポイントです。

 

画像に関してはブログ専用の画像検索サイトがいくつかあるので下にサンプルで置いておきます参考にしてみてください。

ブログに画像を挿入するときの注意点としてページが重くなりすぎないように注意しましょう

 

今回はブログを始めたばかりの人向けにお勧めの読みやすいブログの文章の作り方やコツですぜひ参考にしてみて下さい.

  • この記事を書いた人

ANZU

ブログで毎日コツコツ積み上げ|ITスキルとライフハックをアウトプット|プログラミングも独学中|より良い学びと習慣のノウハウを発信| 詳細はブログに掲載していきます。

-SKILL, ブログ運営
-, ,