動画生成AI

驚異の動画生成AI『Haiper AI』がSoraに匹敵する理由とは?

2024年5月26日

当サイトのコンテンツには、広告を記載している場合があります。<景品表示法に基づく記載>

動画生成AIって、あんまり高品質な動画作れないよね…
今回紹介する「HaiperAI」は、あのOpenAIの「Sora」に匹敵するって言われてるよ!

 

 

こんにちは、ルーティンラボ管理人のせなお(@rutinelabo)です!

今回はSNSでもかなり話題になっているハイクオリティのAI動画生成ツール「HaiperAI」について紹介していきます。

 

従来の動画生成AIよりもリアルな動画を生成できる点が注目されており、そのOpenAIの「Sora」に匹敵するクオリティが話題になっています。

 

今回は、このHaiper AIの機能と使い方を徹底解説し、他の動画生成AIと比較しながらその凄さを見ていきます使用する上での注意点もありますので、最後までぜひ閲覧いただければと思います。

 

この記事はこんな内容

最新AI動画生成ツール「HyperAI」の特徴をわかりやすく解説

具体的なHyperAIの使い方をステップ形式で紹介

HyperAIで生成した動画のクオリティを従来ツールと比較検証

この記事を書いた人

\ 今回の内容を動画で見たい方は以下を参考にしてね!! /

〜 動画・SNSでも情報発信中!! AIとITスキルでキャリアUPと副業チャレンジ 〜

HyperAIとは

 

HyperAIは、最先端のAI技術を搭載した動画生成ツールです。動画生成AIはいろんな種類が出ていますが、映像の不安定なものも結構あります

 

そんな中でも、このHaiperAIは今話題になっているOpenAIのSoraに匹敵すると言われてるぐらい効率の高いものが生成できます

 

「HyperAI」の特徴はこちら

  • 高精度な動画生成:従来のAI動画生成ツールと比較して、よりリアルで高品質な動画を生成することが可能。
  • シンプルな操作性:直感的なインターフェースで、初心者でも簡単に操作できる。
  • 豊富な生成モード:テキストから動画を生成するモード、静止画を動画に変換するモード、動画のスタイルを変更するモードなど、様々な生成モードを搭載。
  • 幅広いモデルの生成:ちょっとブログアニメやゲームのキャラクターなど、様々なモデルを生成できる。

 

公式 YouTube ページでも、以下のような動画が紹介されており、生成できるクオリティの高さが理解できると思います。

 

https://www.youtube.com/watch?v=toyxWtbf9_M

 

 

HyperAIの機能と使い方

 

それでは実際に、HyperAIを使っていきましょう。基本的な機能は、大きく分けて以下の3つの機能があります。

  1. Create Video With Text:テキストから動画生成
  2. Animate Your Image:画像を動画に変更する
  3. Repaint Your Video:動画のスタイルの変更機能
  4. Extend Your Video:動画の引き伸ばし機能(現在使用不可)

 

Create Video With Text:テキストから動画の生成

 

今回は「テキストから動画生成」の機能をベースに使い方の解説をしていきたいと思います。生成する手順は以下の5つのステップです。

 

ポイント

  1. HyperAIの公式ウェブサイトにアクセス
  2. 「Create Video with Text」を選択する
  3. 動画内容のプロンプトを入力
  4. アスペクト比や動画の長さなどの各種設定
  5. 動画の生成と確認

 

テキストから動画を生成する機能は、HyperAIの最も基本的な機能になります。生成したい動画の内容をプロンプトでサクッと入力することで、他にはないレベルで自動的に動画を作成してくれます。

 

それでは早速始めていきましょう!

 

step
1
HyperAIの公式ウェブサイトにアクセス

まずは、HaiperAIの公式サイトにアクセスしていきます。以下のリンクからアクセスして、ログイン作業を済ませてください。

>>HaoiperAIに移動する

 

 

step
2
「Create Video with Text」を選択する

次は、生成するモードを選んでいきます。ここでは、代表的な機能となる「Create Video With Text」を選択していきましょう。

 

こちらの機能はプロンプトから動画を生成することができるモードになります。

 

 

step
3
動画内容のプロンプトを入力

動画の生成画面に移動してきたら、画面下のテキストボックスにプロンプトを入力していきます。

 

今回は簡単に「日本の秋、もみじ」などのキーワードをシンプルに「Autumn leaves in Japan」と入力して出力してみます。

 

 

step
4
アスペクト比や動画の長さなどの各種設定

プロンプトの入力が行えたら、最後に出力する動画の長さや画面のアスペクト比を選択していきます。

 

現在のところ、動画は最大4秒まで引き延ばせますが、「Extend Your Video」という機能が公開されそうなので、さらに長尺の動画が作れそうです。

 

 

step
1
動画の生成と確認をする

最後に「Generate」のボタンを押して動画を生成してみましょう。動画の再生時間はおよそ2,3分程度で出力されます。

 

 

 

生成できた動画がこちら

 

テキストプロンプトの入力は、具体的なシーンや動作を記述するだけでなく、このように簡単なキーワードだけでも動画を生成することができます。

 

Animate Your Image:静止画から動画への変換

 

次は「Animate Your Image」の機能を使って、静止画から動画に変換する機能を試してみましょう!

 

実際に、写真やイラストなどの静止画を元に、動きのある動画を作成できる機能です。

 

Midjourneyなどで、ハイクオリティの画像をあらかじめペーストすることで、同レベルの動画の生成をすることができます。

 

具体的な手順は、「Animate Your Image」を選択し、ベースとなる画像のアップロードを行います

 

 

必要に応じて、プロンプトを入力していきます。 ここでは、画像生成AIで、画像を生成した際に使ったプロンプトを入力するのがおすすめです

 

今回は以下の画像をアップロードして、生成した際のプロンプトを使用していきます。

 

Please photograph Japanese women. She is an actress and is on a break from filming a movie. The location is a riverside in the early morning. She is 30 years old. She is smiling and laughing. Her hair is semi-long, hyper quality, reality

 

 

実際に生成できた動画がこちら

 

このように、画像をベースにすることで、かなりハイクオリティな動画の生成が可能になります。

 

プロンプトは省略することも可能ですが、入力することでよりイメージに近い動画を生成することができます

 

 

Repaint Your Video:動画のスタイルの変更機能動画スタイル変更

 

最後に紹介してるのが、動画スタイルを変更機能です。

 

既存の動画のスタイルを、別のスタイルに変換する機能となっています。例えば、実写映像をアニメ風に変換したり、古い映画のような雰囲気にしたりすることができます。

 

HyperAIでは、オールドフィルム風、水彩画風、サイバーパンク風など、様々なスタイルが用意されているので、是非試してみてください。

 

実際に使ってみましたが、個人的には、この機能は現段階ではそこまでクオリティの高いものが生成することができませんでした…

 

HyperAIの注意点

 

HyperAIは非常に強力な動画生成ツールですが、利用する際には以下の点に注意する必要があります。

 

著作権と商用利用について

HyperAIでは、アニメやゲームのキャラクターなど、既存の著作物を含む動画を生成することができます

 

しかし、生成した動画を無断で商用利用することは著作権侵害にあたる可能性があります。生成した動画を利用する際は、著作権について十分に確認し、権利者の許諾を得るようにしましょう。

 

実際に生成できるキャラクターはこんな感じ

 

有名なキャラクターであれば、ピカチュウやマリオなども本物のデザインと同様に生成することができます

 

注意ポイント

かなり幅広く学習モデルを取り込んでいる分、有名な人物やキャラクターはほとんど生成することができます。著作権の問題や肖像権の侵害に関するトラブルにならないよう、取り扱いには十分気をつけておきましょう。

 

また商用利用についても、公式サイトより利用できないことが記述されています

 

そのためあくまで個人的な開発や利用を目的とした動画の生成を行うようにしましょう。以下、公式サイトより商用利用に関する内容です。

 

あなたが読んでいるのは、AI を活用したコンテンツ生成アプリケーション (アプリケーション) の利用規約 (規約)です。この規約は、アプリケーションのすべての個人消費者ユーザーに適用されます。したがって、ビジネスや商用ではなく、個人的な使用のためにアプリケーションを使用している場合 (または使用する予定がある場合)、これらの規約がアプリケーションの使用に適用されます。 

HaiperAI | Introductionより

 

生成速度

 

HyperAIは、高品質な動画を生成するために、ある程度の処理時間を必要とします。

 

そのため、動画の長さや複雑さにもよりますが、他の動画生成 AI に比べて、多少時間がかかるというデメリットもありました

 

精度の限界

HyperAIは、現時点でかなりハイクオリティの動画が生成できる動画生成AIツールの一つですが、それでも完璧ではありません

 

生成された動画には、ノイズや歪み、不自然な動きなどが含まれる場合があります。また、抽象的なプロンプトでは、意図した通りの動画が生成されないこともあります。

 

このデメリットを回避するには、前の章で紹介したように、ベースとなる画像をあらかじめ固定した上で、動画を作成するとかなり改善されるのでお試しください。

 

まとめ:HaiperAIを使って、ハイクオリティの動画生成を体験!

 

以上、AI動画生成ツール「HyperAI」の紹介でした。

AI技術の進歩により、動画制作もより簡単で効率的になってきています。HyperAIは、テキストや画像から高品質な動画を生成できるだけでなく、様々なスタイルの動画を作成することも可能です。

 

注意点としては、著作権に配慮した利用が必要となる点や、生成速度や精度の限界を理解しておく必要がある点などが挙げられます

 

まだ、AI動画生成ツールを使ったことがない方は、これを機会にHyperAIを試してみてはいかがでしょうか

また、本ブログ「ルーティンラボ」では、他の記事で、様々なAIやI Tに関するツールについて紹介しています。興味があればぜ、ひそちらもご覧ください。

 

他にも、ITスキルを高めてキャリアアップや副業の役立つ情報の発信もしています。ぜひチェックしてみてください。

>>他の記事も読んでみる

〜 動画・SNSでも情報発信中!! AIとITスキルでキャリアUPと副業チャレンジ 〜

created by Rinker
¥1,940 (2024/06/20 00:31:20時点 Amazon調べ-詳細)
  • この記事を書いた人

せなお

ブログ月間1.7万PV|YouTubeチャンネル収益化達成!|最新のAIとITに関する情報発信|ガジェットレビュー|Webデザイン| 動画編集スキル|X, Instagram、TikTokで情報発信|月3万円から副業術

-動画生成AI
-,