【WordPress】プラグインRinkerの使い方とカスタマイズ方法を解説

2022年2月16日

 

もっと簡単にかつ、おしゃれに商品リンクを貼り付ける方法はないの??

 

今回はそんな疑問と不満を解消できたらと思います。

 

解決策として多くのブロガーの方は、「Rinker」というプラグインを使っている人が多いですね!

 

というわけで、今回の記事ではWordPressのプラグイン「Rinker」について解説していきます。

 

 

   本記事の内容

  • WordPressのプラグイン「Rinker」について
  • Rinkerの使い方・設定方法
  • Rinkerのカスタマイズ方法

 

 

プラグイン Rinker とは

 

 

ワードプレスのプラグイン「Rinker」とは、

 

物販広告のアフィリエイトリンクを簡単に作成・挿入できるプラグインのことです。

 

主に、Amazonや楽天市場、yahooショッピングなどの商品紹介をする際に多くのブロガーさんが利用されています。

 

プラグイン自体が、各商品サイトの広告APIと連携しているため、物販広告の作成にかかる手間を大幅に削減することができます

 

実際にRinkerを使って作成した商品リンクは以下のような感じに

 

プラグイン検索からRinkerを検索しても見つからない?

Rinkerは自体はWordPress公式プラグインではありません。そのため管理画面で検索しても見つかりません

 

 

解決策としては、BOOTHにて作者のやよいさんが配布しているので公式ページにアクセスする必要があります。

 

参考Rinkerベーシックのダウンロードはこちらから

 

 

注意ポイント

RinkerはWordpressで利用できるプラグインになっています。そのため、はてなブログなどのブログサービスでは利用することができなくなっています。

XサーバーやConoHa WING などのレンタルサーバーと契約を行って、Wordpressをインストールしての利用が前提になっているので注意しましょう。

 

 

Rinkerのインストール・各種設定について

 

それでは、Rinkerの設定方法の手順を解説していきます。

 

商品リンクを作成するには、事前に各種商品サイトのAPIキーを取得・設定しておく必要があります。

 

また、RinkerはWordPressの公式プラグインではなく、通常のプラグインとは導入方法が異なるため、インストール方法から確認しましょう

 

導入ステップは以下の4つ

  1. ダウンロード/インストール
  2. ASPへ登録
  3. APIキーの設定
  4. 商品リンクの作成

 

 ダウンロード/インストール

先述したようにRinkerは、WordPress公式プラグインではありません。なので、配布サイトにアクセスして入手する必要があります。

 

必須Rinkerは「BOOTH」という販売サイトにて販売。ダウンロード際にはpixiv IDによるログインが必要となります。

 

それでは手順を進めていきましょう。

 

ステップ

step
1
プラグインをインストールする

まずは、Rinkerのダウンロードページにアクセスし、「無料ダウンロード」をクリックしましょう。

 

参考Rinkerベーシックのダウンロードはこちらから

 

 

 

 

 

以上の作業で、Rinkerのダウンロード完了です。

 

step
2
ダウンロードファイルをアップロードする

WordPress管理画面にて、ダウンロードしたプラグイン「Rinker」のファイルをアップロードします。

 

ダウンロードしたzipファイルのままでOKです!

 

 

 

 

注意ポイント

safariでダウンロードすると、zipが解凍された状態でダウンロードされます。その場合には、zipに圧縮してからアップロードをしてください。

 

 

step
3
プラグインの有効化

管理画面より「外観」→「プラグイン」→「インストール済みプラグイン」に移動して、Rinkerを「有効化」を選択しましょう。

 

 

 

 ASPへの登録

 

Rinkerを使用する上で、各アフィリエイトサイトからAPIキーを取得してくる必要があります

 

Amazon・楽天・Yahooの広告それぞれ扱っているアフィリエイトASPから取得してきた広告コードとRinkerを紐付けます。

 

まだ、ASPのアカウントをまだ保有していない場合は、以下のリンク先を参考に会員登録を行ってください

 

Amazon・楽天・YahooショッピングのAPIキーの取得はこちらのリンクから

 

それぞれのAPIキーの取得方法の以下のリンクを参考にしてみてください

 

参考【アフィリエイト】楽天アフィリエイトIDを取得する方法について

参考【アフィリエイト】Yahooショッピング用のLinkSwitchタグ取得方法について

 

また、上記のASP以外に、もしもアフィリエイトというアフィリエイトが対応してます。

 

一括で、Amazon・楽天・Yahooショッピングの3つをまとめてAPIキーを発行することができるので、登録しておくとかなり便利です

>> もしもアフィリエイト無料登録

 

 

ちなみに、登録が必要なアフィリエイトASPとは?

 

アフィリエイトASPとは、ホームページを運用する上で、広告プログラムを提供するサービスのことです

 

ASPと提携すると、広告が掲載できる様になります!

 

 

 APIキーの設定

次は、APIキーを取得してRinkerに設定していきます。

 

Rinker自体はAPIキーを設定しないと使えないため、Amazon・楽天・YahooショッピングからそれぞれのAPIキーの取得・設定方法を解説していきます

 

Amazonアソシエイト

 

まず初めに、AmazonアソシエイトからAPIキーを取得していきましょう。Amazonアソシエイトに移動して、APIキーの発行作業を行います。

 

※ 参考となる記事を後日、掲載予定です。

 

注意ポイント

  • AmazonアソシエイトからAPIキーを取得するには、審査に合格する必要があります。
  • Amazonの商品紹介を手軽に始めたい人は、もしもアフィリエイトに登録することで、簡単にAmazonの商品リンクの作成が行えます。

 

 

楽天アフィリエイト

 

楽天のAPIキーの取得には、Rakuten Developersにログインして「アプリID発行」を選択してください。以下の記事を参考にして、アプリIDの発行から、楽天のAPIキーを取得しましょう。

 

参考【アフィリエイト】楽天アフィリエイトIDを取得する方法について

 

 

Yahoo!ショッピング(バリューコマースから取得)

 

最後にYahoo!ショッピングのAPIキーの取得方法です。こちらも有名なASPサイトバリューコマースから取得可能となっています。

 

Yahooショッピングの広告との連携を行うだけで、簡単にAPIキーの取得ができるので、以下の記事を参考に行ってください

 

参考【アフィリエイト】Yahooショッピング用のLinkSwitchタグ取得方法について

 

 

もしもアフィリエイト

もしもアフィリエイト

 

それぞれのASPへの登録・連携がめんどくさい…

 

こんな人には、もしもアフィリエイトがオススメです

 

一括で、Amazon・楽天・Yahooショッピングの3つをまとめてAPIキーを発行することができます。

>> もしもアフィリエイト無料登録

 

以下の記事を参考にしてみてください。

参考【アフィリエイト】もしもアフィリエイトのIDの取得方法について

 

 

 商品リンクの作成方法

収益

 

Rinkerでの商品リンクの作成は30秒程度で完了します。

 

ブログ作成において、商品リンクを投稿画面の操作のみで完了してしまうのは、作業時間の大幅削減になってかなり嬉しい機能です。

 

 

商品リンク作成ステップ

step
1
商品リンクボタンを選択

投稿画面を開いたら、「商品リンク追加」のボタンを選択しましょう。

 

step
2
商品の検索

掲載したい商品のキーワードを検索します。入力できたら、「検索」を選択しましょう。

 

 

 

商品候補が表示されるので、「商品リンクを追加」を選択しましょう。

 

 

 

step
3
コードの埋め込み・確認作業

商品リンクの追加が行えたら、以下のイメージのようにコードが追加されます。プレビュー画面などで正しく表示されていることが確認できたら、作業終了です。

 

 

 

ものすごく簡単に商品リンクの作成が行えますね!

 

Rinkerのカスタマイズ方法

 

商品リンクが作成できましたら、次に見た目のカスタマイズ方法も紹介しておきます

 

Rinkerで作成した商品リンクのクリック率を高めるためにも、必要に応じて導入してみてください。

 

カスタマイズ方法は以下のコードをコピペでOKなので、簡単に行えます。

 

商品タイトルを変更する方法

  • 商品タイトルを変更する方法
  • 商品価格を非表示に
  • 標準以外のボタンを追加
  • Rinkerデザインのカスタマイズ

 

 

商品タイトルを変更する方法

Rinkerでは、商品タイトルを自動生成されます。しかし、商品タイトルもデフォルトのものから自由に変更可能です。

 

デフォルトの商品タイトルは、Amazonや楽天の商品タイトルから自動生成されているため、タイトルが長すぎる商品も数多くあります。

 

商品タイトルを変更する方法

  • ショートコードにtitle=”タイトル“を追加する
  • 商品リンクの設定画面で直接変更する

 

ショートコードにtitle=”タイトル“を追加する

ショートコードに「 title=”タイトル“ 」 を追加することで、商品タイトルを自由に設定できます。

 

 

ショートコード変更前

 

ショートコード変更後

 

 

商品リンクの設定画面で変更する方法

商品タイトルの編集方法をもう一つ解説していきます。

 

step
1
商品リンク作成画面へ移動

商品リンクの作成した後に、WordPress管理画面で「商品リンク」→「商品リンク」を選択してください。

 

 

 

step
2
タイトル編集へ

商品タイトルを変更したい商品リンク項目の「編集」を選択しましょう。

 

 

step
3
タイトル編集

編集画面にて、自分のお好みのタイトルをつけましょう。

 

 

ほかにも「新規作成」から商品リンクを新たに作成することも可能です。タイトル部分を編集して、新たな商品リンクが加えてみましょう!

 

 

商品価格を非表示に

Rinkerを使うことで、商品価格を簡単に非表示にすることができます。

 

商品価格をわざわざ非表示にする理由としては、商品の値段を疑問に思ったユーザーにクリックしてもらうためです

 

ユーザーがクリックし、リンクから移動してきた場合には、Amazonと楽天、Yahoo!ショッピングで購入された商品が全て報酬の対象となります

 

嬉しい仕組みですね!

 

設定画面で非表示に方法

WordPressの管理画面から「設定」→「Rinker設定」、編集画面にて「価格を非表示にする」にチェックを入れるだけで、全ての商品リンクで価格が非表示になります。

 

 

 

標準以外のボタンを追加

Rinkerの機能として、Amazon・楽天・Yahooショッピング以外にもボタンを追加することが可能です。

 

公式のショップストアにアフィリエイト案件がある場合は、そちらの方が紹介料率が高いことがあります。

 

より収益を目指すなら、公式ストアへの紹介リンクがオススメです

 

step
1
Rinkerの設定画面へ移動

商品リンクが作成できたら、WordPressの管理画面から「設定」→「Rinker設定」にてリンクの追加が行えます。

 

 

step
2
編集画面へ移動

商品リンクを追加したい項目にて「編集」を選択しましょう。

 

 

step
3
URL先を作成

自由URLボタンの項目にて、リンク先の追加が行えます。以下設定する項目になりますので、確認してください。

 

  • 自由URLボタン名: ボタンに表示されるワード
  • 自由URL: ボタンのリンク先

 

入力後に「更新」を選択して、設定の保存を行いましょう。そうすることで、設定したボタンが商品リンクに追加されています。

 

 

 

Rinkerデザインのカスタマイズ

Rinkerのデザインをカスタマイズする方法についてです。完成後のデザインは以下のような感じになります!

 

CSSコードのコピペだけの作業なので、簡単手軽にカスタマイズ可能ですので、以下の記事を参考にしてみてください。

 

参考【WordPress】Rinkerのデザインをカスタマイズする方法【コピペでOK!】

続きを見る

 

まとめ

今回は、WordPressプラグインのRinkerについて、使い方やカスタマイズ方法を解説しました。

 

せっかくなので、今回はアフィリエイト有名ブロガーのヒトデさんの書籍をRinkerで作成してみましたので、興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

 

ブログに取り組んでいる人は必ずと言っていいほど、参考になることが記載されています!

 

created by Rinker
¥2,178 (2022/10/07 01:55:42時点 楽天市場調べ-詳細)
  • この記事を書いた人

ANZU

ブログで毎日コツコツ積み上げ|ITスキルとライフハックをアウトプット|プログラミングも独学中|より良い学びと習慣のノウハウを発信| 詳細はブログに掲載していきます。

-WordPress, アフィリエイト
-, , ,