【Mac】「Time Machine」のバックアップをスケジュールを設定できるアプリ「TimeMachineEditor」

 

Macのアプリで「Time Machine 」を使ってバックアップを作成できます。しかし、自動バックアップの設定をオンにしていると、一時間おきにバックアップデータが作成され、そこまでこまめにバックアップを取らなくてもいいのに…

 

そう感じている方に、「TimeMachineEditor」を使った、Time Machine のバックアップ・スケジュールを設定する方法を紹介していきます。

 

「Time Machine」 には、スケージュル機能がないので、そういった状況でお困りの方にオススメです!

 

本記事の内容

「TimeMachineEditor」を使った、Time Machineをスケジュール設定する方法

 

 

Macアプリ「TimeMachineEditor」のインストール

 

まず初めに、以下のリンクからMacのアプリ「TimeMachineEditor」をインストールしましょう。

 

>>「TimeMachineEditor」をインストール

 

Download」の項目から、リンクを選択して、ダウンロードとインストール作業を完了させて下さい。

 

ダウンロードしたzipファイルを解凍し、アプリケーションの項目に移動させましょう!

 

 

実あなたのMacにHomebrewがインストールされている場合

以下のコマンドでも同様にインストール作業が可能です。

 

 command
brew install --cask timemachineeditor

 

 

以上で、インストール完了です!

 

「TimeMachineEditor」の設定を行う

 

「TimeMachineEditor」の設定方法の解説です。

 

初めに「Backup」にチェックを入れましょう。

 

 

そうすることで、設定項目が一覧表示されるようになります。

 

バックアップを作成する頻度の設定などが細かく指定できるので、それぞれ確認していきましょう。

 

バックアップを作成頻度の項目

  • インターバル
  • カレンダー

 

どちらの方法でも、簡単に設定できます!

 

インターバルの設定の場合

 

インターバルでバックアップを作成する場合には、以下のステップで設定を行いましょう。

 

step
1
頻度の設定

バックアップを作成する「頻度」と「回数」を指定することができます。

  • 時間毎:時間ごとに指定の回数のバックアップを作成する
  • 日々:1日おきに指定の回数のバックアップを作成する
  • 週間:1週間おきに指定の回数のバックアップを作成する

 

 

step
2
停止時間の指定

次の項目では、バックアップを作成しない時間帯を指定していきます。

 

 

ポイント

バックアップ中にディスクの取り外しはデータの不具合の元となるので、普段あなたがMacを使用している時間帯は避けておきましょう。

 

step
3
適応の設定

最後にバックアップを適応させましょう。

 

 

カレンダーの設定の場合

 

カレンダーでバックアップを作成する場合には、以下のステップで設定を行いましょう。

 

step
1
曜日・時間の指定

バックアップを作成する「曜日」と「時間」をしてして下さい。

 

毎日バックアップを作成してい方は、「毎日」の項目のままでOKです。

 

 

 

step
2
停止時間の指定

次の項目では、バックアップを作成しない時間帯を指定していきます。

 

 

ポイント

バックアップ中にディスクの取り外しはデータの不具合の元となるので、普段あなたがMacを使用している時間帯は避けておきましょう。

 

step
3
適応の設定

最後にバックアップを適応させましょう。

 

 

 

注意ポイント

Time Machine の設定が「入」になっている場合は「Time Machine を切にしてください。」というポップアップが表示されるので、「Time Machine 環境設定を開く」をクリックします。

 

 

【Mac】「Time Machine」人気記事一覧はこちらから

バックアップの保存におすすめのHDDSSDはこちら

  • この記事を書いた人

ANZU

ブログで毎日コツコツ積み上げ|ITスキルとライフハックをアウトプット|プログラミングも独学中|より良い学びと習慣のノウハウを発信| 詳細はブログに掲載していきます。

-Mac
-, ,