【MacBook】外付けHDDに書き込めない原因と対処方法について

2022年7月17日

 

今回は、

 

外付けHDDの中のファイルが読み込みはできるけど、書き込みができない・新しいファイルが作れない

 

最近はデータの保存はクラウドで行っている方も多いかと思いますが、HDDでバックアップを保存しておく方も多いかと思います。

 

HDDを使用中のトラブルシューティングについての記事になっています。

 

 

現状の問題

 

外付けHDDの中のファイルを使用する際に、現在以下の問題をお持ちの方は参考にできるかと思います。

 

  • 画像やファイルの読み込みはできる
  • 画像やファイルの書き込みができない・新しいファイルが作れない
  • データの移動が行えない

 

今回は上記の問題を解決していきます。

 

今回使用しているHDDは、TOSHIBA EXT(1TB)のものになっております。価格も比較的に安価で、バックアップを取るには十分な容量があります。

 

HDDの購入を検討している方は、ぜひ参考にして見てください!

 

原因について

 

今回の問題はWindowsとMacでHDDのフォーマット形式が違うことが原因になります。

 

以前はWindows のPCで、MacのPCに乗り換えた際によく起こるトラブルです。

 

HDDのフォーマットを確認してみる

Macを使っていて外付けHDDに書き込みができない場合、まず初めにHDDのフォーマット形式を確認して見ましょう。

 

外付けHDDのフォーマットを確認するには、「Finder」から「場所」などで外付けHDDを選び「情報を見る」を選択しましょう。

 

 

フォーマット」の項目で、私のものは現在「Mac OS拡張」になっているので、問題ありません。

 

ここで、MacユーザーがWindowns NTファイルシステム」などのWindowsの形式になっている場合には、書き込みが行えませんので、注意しましょう。

 

 

NTFSはWindowsの標準フォーマットになりますので、Macでは書き込むことができないことを覚えて下さい。

 

 

解決策

 

今回の解決策は、Macで外付けHDDに書き込みできるようにするために、外付けHDDのフォーマットをMac用のフォーマットにする必要があります。

 

その他にも、WindowsとMacの形式を表にまとめておいてので、参考にして見て下さい。

 

フォーマット形式 読み書きできるOS 備考
APFS Mac Macの新標準の形式。HDDを新しいMacで使うのであればオススメ(macOS 10.13以降対応)
Mac OS拡張 Mac Macの標準。
M S -DOS (FAT) Mac/Windows 最大4GBまでのファイルサイズしか扱えない
exFAT Mac/Windows MacとWindowsの両方で読み書き可能
NTFS Windows Windowsの標準

 

外付けHDDのフォーマットを変更する手順

それでは、フォーマットを変更していきましょう。

 

今回は、Macユーザーの方を対象にしてますが、Windowsユーザーの方も要領は同じなので、参考になるかと思います

 

 

フォーマット変更手順

  1. バックアップを取っておく
  2. ディスクユーティリティに移動
  3. データの消去
  4. フォーマット変更し初期化

 

 

step
1
バックアップを取っておく

外付けHDDの中に大切なデータがある場合には、必ずローカルやクラウドのドライブなどでバックアップを取っておきましょう。

 

HDDのフォーマット形式を変更すると、中のデータは全て消えてしまうので注意しましょう!

 

step
2
ディスクユーティリティに移動

バックアップが取れたら、「アプリケーション」→「ユーティリティ」→「ディスクユーティリティ」に移動します。

 

 

step
3
データの消去

フォーマットする外付けHDDを選択し、「消去」をクリックします。

 

 

step
4
フォーマット変更し初期化

フォーマットを選択して、「消去」ボタンをクリックすれば完了です。

 

フォーマットの形式はMacのみで使うかWindowsでも使いたいかによって、選択が変わってくるのであらかじめ決めておいて下さい。

 

 

 

 

ポイント

  • Macのみで使う場合はAPFSまたはMac OS拡張
  • MacとWindowsの両方使いたい場合はexFAT

 

避難させる容量がない場合には?

イラスト

 

外付けHDDをフォーマットすると、中に保存されているファイルは全て消えてしまいます。

 

必要なファイルやデータは必ずどこか別の場所に移してバックアップを用意するようにしておきましょう。

 

バックアップの容量が大きい場合には、新しくHDDを買い足すのもありかと思います。

 

最近のHDDであれば、4TBの外付けHDDが1万円程度であるので、検討して下さい。です。

 

 

まとめ:Macで外付けHDDに書き込めなかったらフォーマットを確認

イラスト

 

以上のMacで外付けHDDに書き込めない原因と対処方法でした。

 

こういったトラブルシューティングは知っているとなんて事ない問題ですが、知らないと意外と戸惑ってしまいますよね…

 

Macで外付けHDDに書き込みができなかったら、慌てずに外付けHDDのフォーマット形式を確認しましょう!

 

以下にバックアップに関する記事も参考にしてみて下さい!

【Mac】「Time Machine」人気記事一覧はこちらから

バックアップの保存におすすめのHDDSSDはこちら

  • この記事を書いた人

ANZU

ブログで毎日コツコツ積み上げ|ITスキルとライフハックをアウトプット|プログラミングも独学中|より良い学びと習慣のノウハウを発信| 詳細はブログに掲載していきます。

-Mac
-,